海外引越での船便の仕組みを知ろう!

想定を広げておく

発送で注意すること

海外引越で荷物を発送する際には、船便の運送にかかる期間は1か月から2か月程度です。
それと比べて航空便は約2週間程度という形態です。
国内輸送と異なるため、海外輸送では海外赴任者の本人が就労許可や長期居住要件を満たしているビザを所持することが必須です。
ビザの所持者本人が入国をしなければ、海外引越の荷物が通関できない国も生じます。
海外赴任者の本人の入国する予定日と、荷物が到着する日が大きく離れた日程になれば、その荷物は海外渡航先の国の保税倉庫に送られることになります。
この保税倉庫は、それぞれの運送会社経営ではないため、各国の税関で運営されています。
その保税倉庫に、1週間から2週間程度でも荷物保管で数十万円の追加請求を受ける可能性もあるので、渡航するスケジュールと海外引越の荷出し日の調整は必須です。

それぞれの国の法律が違う

各国の通関に関する法律により、たとえば中国やシンガポールのように免税の措置が一部または全部適用される海外引越の荷物の通関を、船便や航空便をあわせて1回しか認めないで、2回目以降の通関を新品と同様に、全部を課税して通関する国もありますので、特に注意が必要です。
船便の海外渡航先の国への入港日や航空便の荷物が空港に到着する日や海外赴任者の本人の入国日や就労ビザと長期滞在ビザがおりる日の、日程を調整する必要が不可決です。
要件により、関税の支払が必須です。
関税が生じると、数十万円単位の追加請求などを受けて費用負担が増えます。
関税が生じた場合に、その関税負担金額について会社との調整も必要になると面倒なため、海外渡航先の国の事情をよく調べて、不備のないよう慎重に計画すべきです。


▲ TOPへ戻る