海外引越!船便の仕組み

海外引越での船便の仕組みを知ろう!

海外と比較して合理的に

海外引越に、たくさん荷物を詰め込むと料金など費用が高くなり、考えなくてはいけません。
通常の国内の引っ越しであればトラック何台か分の引越費用で済みますが、海外の場合は料金アップになることを考えて、必要な物と不要な物を考えましょう。
現地に到着して絶対に必要な物に限って、荷造り始めます。
現地調達できる物は、最低限にして荷作りすることが大切です。
海外赴任の場合は、経験者の家族などにも現地での生活について尋ねることができる時間があれば参考にでき、効率的かもしれません。
現地によれば、子どもの学習机なども日本から送る方がいいことなどもあるそうです。
送るものによって、速さや料金や用途を考えて航空便と船便を使い分ける必要もあります。
海外引越の場合は、荷物の種類や重さによって船便を使う分は引越料金が安くできるので、急がないものはなるべく船便が必須となります。
あまり重くなくて急いで使いたい品物のみ航空便で送ることになります。
梱包も手際よく、段ボールも早々に入手してサイズを国別に調べて、まとめて郵便局の窓口に依頼すると数量によっては割引などもあります。
家具や家電製品等は荷物が大きいので船便で送ることになります。
船便は届くのに数か月かかりますので、見越して早めに送る手続きをしても、現地で荷物を待っても、しばらく不自由になるので対策も考えましょう。
シャンプーなどの日用品は、環境が変わり肌に合うかどうか敏感になっている時には従前どおりの物を当分は使えるように手配する方が無難です。

▲ TOPへ戻る